土鍋で炊いたらご飯が光っていた!! 土鍋でご飯をおいしく炊くこつは?

土鍋ライフ

こんにちは、ちこやんです♪

夫とは仕事の関係で車で二時間離れたところに別々に生活しています。

先日、夫がうちの炊飯器の調子が悪いからどうしようというので

そういうことなら、わたしが今使っている古い炊飯器をあげて新しいの買っちゃおう!!

と思いました。

仕事で電気店に行けないので、楽天ヘビーユーザーのわたしは楽天で炊飯器をぽちっと

注文したのですが発送まで少し時間がかかることがわかりました。

少なくとも一週間は待つことに!!

ちょうど2合炊きのご飯専用の土鍋も持っていたので土鍋でご飯を炊く生活も

いいなと思い挑戦してみることにしました。

それに、今までは年に数回使えばいいほうでしたが今回ばっかりはその土鍋で炊かないと

ご飯を食べることができない状況です。

届くまで炊くぞ~と土鍋を使ってみました。

炊いてみてわかったこと。いつものお米なのに炊き立てご飯が光ってる!!

ほんとに新米炊いたのって感じで一粒一粒が光っていたのです。

もうびっくりです♪

そこで、実際に土鍋でご飯を炊く生活をしてみた感想とわかったことを書きたいと

思います。

 

 

土鍋でご飯をおいしく炊くこつは?

 

お米を研ぐのは別のボウルを用意して研ぎます。土鍋では研がないようにします。

わたしの土鍋は内側に水の量を示す線がありますが、炊飯用の土鍋でなくても

炊くことはできますが水の量はお米の1.2倍くらいと覚えておくようにしましょう。

お米1合に水は約200ccとなります。これ覚えておくとアウトドアのときも役に立ちそう

ですね。

お米を研ぐのもボウルでやり、水の量を計って浸水するのもボウルでやるようにします。

土鍋は湿気を嫌うので長時間水につけておくと土鍋にひびが入って壊れやすくなるので

浸水は別のボウルでするようにします。

 

 

炊く時の火加減は?

 

土鍋に、浸水させたお米と水をいれたら火をつけます。

最初から中火にして沸騰して蒸気が出てきたら火力を弱めます。炊飯器とは違ってそばに

ついていないと焦がしてしまうので注意が必要です。

ちょっと焦げ臭くなってきたら火を止めます。何回か作ってるうちに、炊飯の時間は

きっちりタイマーで計るのもいいのですが蒸気の出方とかにおいが焦げ臭くなってきたから

そろそろ炊けてきたかなというところで、火を消すタイミンクがわかってきた感じがします。

最初は、強火で沸騰させてから弱火にしていました。

土鍋の素材は、粘土なので火をつけるとじわじわゆっくりと熱が伝わるとのことです。

だから、中火でから始めて沸騰してきたら弱火でも十分上手にご飯を炊くことがわかり

ました。

焦げ臭くなってきたなぁと思っても、火を止めなければおこげはどんどんつくし

もちろん早く消したらおこげはつかない。その時の気分によって今日もおこげあっても

いいなぁとか、今日は焦がさないで食べたいという日もあってご飯炊くのが楽しくなって

きました。

炊きあがったら20分くらい蒸らします。

このとき、一回目ご飯が炊けたときはほんとにお米つやつやってなってて

うわ~おいしそうって感動してしまいました!!

水分も飛ばして別の容器に移すといいようです。お櫃があったらいいなと

思いました。うん、お櫃が欲しいです。

 

 

ご飯を炊いたあとの土鍋のお手入れも大事です

 

土鍋のお手入れをきちんとしましょう。スポンジで洗うにようにして、金のたわしは

使ってはだめです。

おこげができたときはこびりつきをとるの大変かなと思いましたが、水につけてから

スポンジでこすると意外と簡単にとることができました。

土鍋は湿気が嫌いなので、洗ったあとは十分に乾燥させることが大切です。

 

 

まとめ

 

炊飯器が届くまでの土鍋生活ですが、十分、土鍋だけでもいいんじゃないのって思った

くらいです。それくらいご飯がおいしかった。

いろいろな土鍋がありますがほかの土鍋も欲しくなったくらいです。

お手入れは毎日のことなので面倒に思わず、おいしいご飯を食べるためと思ったら苦に

ならないかもです。

 

コメント