熱々炊き立てご飯はおひつに保存。セラミックおひつの意外な魅力と使い方

土鍋ライフ

 

こんにちは、ちこやんです。

 

土鍋ライフが定着してきました。

一度に炊けるご飯の量は2合なので朝に炊いて夕食にちょっと

足りないかなという時もありますが、一日2合のご飯で賄うように

なってきました。

 

ご飯は保温しないで、容器に移しかえて食べるときにレンジで

チンします。

 

炊飯器のご飯をラップで包んで、食べるときにレンジでチンする人も

多いはず。だって保温するのって電気代の無駄ですものね。

 

そうだ、おひつがあれば!!

 

思い立ったらすぐほしくなります。近くの雑貨屋に行ってみたところ

二つの大きさのおひつがあったので、1.5合分のご飯を保存できる

セラミックのおひつを買ってみました。

 

セラミックのおひつってどうなの?

 

セラミックのおひつは、陶器であるのでちょっと重たい。

実は、このおひつを買ったのは2回目です。前回は、ふたを落として

壊してしまったのです。

セラミックおひつは、落とすと壊れてしまいます。そして、ちょっと重たい

ので取り扱いには注意が必要かなと思います。

そのまま電子レンジでチンしてご飯を温めることができるし

温めたご飯は炊き立てみたいにおいしい。

 

ラップで包んだご飯やタッパに入れたご飯をチンすると

水分が出てべちゃっとしたご飯になってしまいます。

おひつのご飯は余分な水分が出ずに、ふっくらご飯になります。

保温しない分、節電になりますね。

 

 

 

炊飯器で炊いたご飯はそのまま保温するもの?

 

炊飯器が壊れる前は、炊いたご飯をそのまま保温していました。

小さなご飯一膳用の容器にご飯を詰めて冷凍したりしていましたが

いちいち一人分ずつのご飯を包むのってとても面倒でした。

なので、ご飯は保温が当たり前のようになってました。

一度に炊く量が少しなのに保温が長時間になって

しまうと、ご飯が黄ばんできたりにおいがついたりしてしまいます。

これではせっかくおいしく炊けたご飯のほんとにおいしい食べ時を

逃してしまうのと同じですよね。

それに、節電にもならない。

 

ご飯の保温をやめて、おひつに保存してその日のうちに

食べきるように変えてみました。

その日のうちに食べきることでご飯をとてもおいしく

感じることができました。

 

 

セラミックおひつの魅力とは何か

もう割らないように大事に使おうと思って購入したセラミックおひつですが

このおひつの魅力とはどこにあるのでしょうか。

 

セラミックおひつには目には見えない無数の穴があいています。

この無数の小さな穴が、炊き立てのご飯を入れたときに水分を吸収するので

再度、温めなおしてもふわっとした炊き立てご飯を再現することができます。

また、そのまま食卓においてもおしゃれで素敵です。

座ったまま、おかわりをすることができるのは嬉しいですね。

 

 

セラミックおひつのお手入れは簡単

 

セラミックおひつに移したご飯は、1日で食べきるようにします。

陶器なのでスポンジで洗って、乾燥をきちんさせることが

大切となります。

炊き立てご飯の水分をちゃんと吸収させるためです。

 

土鍋でご飯を炊いて、炊き立てをおひつにいれて、

おひつにご飯を保存している間に土鍋をきちんと洗って乾燥させておく。

おひつのご飯を食べきったらきちんと洗って乾燥させる。

このローテーションが定着してきた感じです。

 

まとめ

 

ご飯茶碗一杯ずつラップでラッピングするとゴミが出てしまいます。

おひつはゴミも出ないし、ご飯も毎回ふっくらのおひつでご飯は

とてもおすすめ!!

 

コメント