平屋に住んでみてのメリットとデメリット

平屋のススメ

こんちには、ちこやんです。

 

ちこやんは、平屋に住んでいますがこの家は新築で建てたのではなく

平屋の中古物件を直した家に住んでいます。

 

この平屋に住んでみてのメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

平屋に住んでみてのメリット

 

間取りを吟味して自分の部屋ももつことができた

 

意外と主婦って自分の部屋がないわという家庭も多いのでは

ないでしょうか。

わが家は、2LDKになります。

2人家族なので、今はちょうどよくそれぞれのプライベートルームを

確実に確保できています。

子供だけではなく、大人にもそれも主婦にも自分の部屋があるのは

嬉しいものです。

自分のお城のようなものですね。

 

二階建てであれば部屋数が確保できるので自分の部屋は

心配せずとももてるだろうと思いますが、平屋で家族が増えてしまうと

自分の部屋をもつことは難しくなることでしょう。

このメリットは、将来のデメリットともいえます。

 

家族の団らんがある

 

家族の会話って大事ですよね。冬はこたつに入っていっしょにご飯を

食べながらおしゃべりをするのってしあわせだなあと思ってしまいます。

平屋は、二階建ての家に比べても家族いっしょの時間をより多く共有する

ことができるように感じます。

 

平屋に住んでみてのデメリット

 

やはり狭かった

 

やっぱりデメリットはあります。

わが家の場合は、中古物件を直して住んでいるわけなのですが

収納場所がほとんどないというのが悩みです。

直すときに収納場所を作らなかったのが落ち度でした。けちったというより

そんなに深刻に考えてなかったといのうが正直なところです。

家具おくと狭くなってしまうので収納はこれからの課題です。

なにか新しいよい収納法を考えたらまた記事にしたいと思います。

 

平屋は、敷地面積が限られていてそこに間取りを考え部屋を作って

いくのですが必要なものをなんでもかんでも作るのは難しいといえる

でしょう。

 

実は、数年前に家の近くの平屋物件が売りに出されていたことがあって

見にはいかなかったので実際はわからないのですが、家とガレージが

いっしょでとっても素敵な家でした。

買える可能性がなかったので行かなかったのですが、外観など直したら

素敵な家になるだろうなと思ってみていました。

誰かが購入したみたいです。

ほんといいなあ平屋・・です。

 

平屋のデメリットを克服するものは、敷地面積にありますね。

部屋数を多くしたければ、それだけ敷地面積が必要となってしまいます。

自分の部屋を確保するためにパーテーションを使って仕切りを

作るなど工夫が必要になってくるかもしれません。

 

まとめ

 

実際に平屋に住んでみてのメリットとデメリットを挙げてみましたが

デメリットもそれほど生活していくうえで苦になるデメリットでは

ないと感じている状況です。

やっぱり平屋は快適だなぁという気持ちのほうが強いです。

今後、家族が増えることはありうるのでそのときはまた考えたいと

思います。

 

コメント