海外に住むってどうなの?

韓国語学習
スポンサーリンク

韓国に住んで

私は海外に合計して15年ほど住みました。

どこと言ったらあのキムチの国“韓国”です。

初めは全てが新鮮で面白かったですね。

でも人間は適応がすごいです。

1年もすれば段々と普通になってくるのです…

  

でもずっと感じていたことは、“外国に住んでる”、“私は外人なんだ”という

特別感でしょうか。

私は現地で仕事もしたのでいい意味でも悪い意味でも感じさせてもらいました

 

語学力の方はその国や言葉に抵抗感がない、

また人が嫌いでなければ話せることが楽しくて

どんどん上達します。

やっぱり語学の上達は住むのが一番ですね!

 

あとは本人の努力がものをいいます。

いかに勉強をしながら現地の人と積極的に話すか。

日本で頑張って文法を勉強すると、最初はわけわからないとか思いますよね。

でも現地で実際勉強したものは、どうしてそうなるのか分かったりします。

勉強したことはその時はわけがわからなくてもも無駄ではないのです!

その時は何だかわからないこともずっと勉強しているうちにわかってくる時がきます。

しかしやはり目、耳、口(話す)を通しての勉強は最強だと実感する。

韓国人てどんな人達?

それから感じたことはいろいろありますが

常識の違いにビックリさせられます。

日本の常識は海外の非常識とは本当のこと。

価値観なんかも全然違って面白かったりします。

 

印象的だったのはとても合理主義なところ。

それからすべての行動を早くしないといけないこと。

韓国語で“パリパリ“といいます。

日本語訳は“早く早く”。

仕事の遅い人は認めてもらえないのです。

皿洗いをやろうもんならどっちが早いか競争したりするのです。

ゆったりめの日本人には厳しいですね。

 

韓流ドラマを見ると情が深くて家族想いの韓国人。

決して間違いではないかも知れませんが、みんな同じではありません。

決して失望しないように。

家庭環境によってみんな違うのは日本も同じこと。

人によって性格が違います。当たり前ですよね。

 

私が韓国人の好きなところは裏がないところです。

言いたいことは全部言うけれど嫌味はなく後を引かない。

喧嘩もするけどその分仲良くなれる。

とても楽だなと思いました。

 

それから食べることには寛容です。(特にお母さん達)

なんでもたくさん作って食べさせる寛容さ。

懐の大きいところ。

韓国に15年住んで私も少し韓国化してきたように思います。

 

韓国に住んでいろいろなことを感じさせていただきましたが、住めるというだけで感謝なのでしょうね。

韓国語を勉強している方がいまはたくさんいるのではないかと思いますが、日本で勉強して資格までとれるなんてほんとすごいです。

そんな一生懸命勉強している方の方の何か役に立てればと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました