【韓国語文法】勧誘形 文章の作り方を解説します

 

韓国語の勧誘の文の作り方をごしょうかいします。

「~しよう」、「~しましょう」というような表現ですね。会話ではよく使われるので映画やドラマなどでもよく出てきます。パンマル(タメ語)と丁寧な表現があるのでふた通りの表現を覚えていきましょう。

韓国語の勧誘形の文の作り方

1.勧誘形「~しよう」パンマル(タメ語)

こちらは目下の人や友達、親しい間柄の場合つかわれます。家族の場合はほぼこの表現ですね。

「~しよう」 動詞の語幹+「~자」

例文)

  • 海に行こう。→ 바다에パダエ 가자カジャ.
  • 一緒にやろう。→ 같이カッチ 하자ハジャ.
  • 少し休憩しよう。→ 조금チョグㇺ 쉬자シジャ.
  • さあ、始めよう。→ チャ! 지작하자シジャッカジャ.

映画とかで「가자!」「좀 보자」「밥 먹자!」などはよく使われていますよね。

2.勧誘形「~しましょう」丁寧な表現

つぎは丁寧な表現です。目上の人や親しくない場合にはこちらを使います。パッチムがある場合は「~읍시다」を、ない場合は「~ㅂ시다」をつかいましょう。

「~しましょう」 「 動詞の語幹+~ㅂ시다/~읍시다」

パッチムのない場合、動詞の下に「ㅂ」を付けます。パッチムがある場合はそのまま「~읍시다」を付けるだけです。

가다 → 갑
하다 → 합
보다 → 봅

このようにすればいいですね。

例文)

  • 料理をしましょう。→ 요리를ヨリルㇽ 합시다ハプシダ.
  • 二人で作りましょう。→ 둘이서トゥリソ 만들읍시다マンドゥプシダ.
  • 映画を見に行きましょう。→ 영화를ヨンファルㇽ 보러ボロ 갑시다カプシダ.
  • 夏休みには旅行しましょう。→ 여름휴가에는ヨルㇺヒュガェヌン 여행합시다ヨヘンハプシダ.
  • コーヒーを飲みましょう。→ 커피를コピルㇽ 마십시다マシプシダ.
  • 野菜をたべましょう。→ 야채를ヤチェルㇽ 먹읍시다モグプシダ.

勧誘形まとめ

勧誘形にはパンマルの表現と丁寧な表現があります。パンマルの表現は「~しよう」という意味で、「動詞の語幹+~자」でつくり、丁寧な表現は「しましょう」の意味で「動詞の語幹+~ㅂ시다/~읍시다」を使えばいいですね。二つしかないので簡単でしたね。よく使う表現なのでしっかりと覚えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました