【韓国語文法】命令形 初級文章の作り方を解説します

 

韓国語の命令形の文章の作り方を解説

韓国語の命令形の文章の作り方を解説します。

命令形には一般的な言い方と丁寧な言い方があります。一般的な言い方は「動詞の語幹+아(어)+라」で「~しろ」と言う感じの強いぞんざいな言い方になるので年下や目下の人にしか使えません。喧嘩とかではよく聞くとは思いますが、強めに言うと怒った感じに聞こえるので注意しましょう。

また少しこれよりは柔らかい言い方で「動詞の語幹+아(어)」という表現もありますが、こちらも目下や年下に使う表現です。

また丁寧な言い方は「動詞の語幹+아(어)+세요」で「~してください。」というニュアンスです。親しくない間柄や年上にはこちらを使いましょう。また会話ではあまり使わない「動詞の語幹+(으)십시오」という表現もあります。こちらは「~くださいませ。」のように案内の表示版などに使われる堅い表現です。

映画やドラマなどでも夫婦の会話などではよくで出来ますので、覚えると楽しくなるでしょう。

では詳しく説明していきますね!

1.命令形‐一般的な言い方「~しろ、~しなさい」(ぞんざいな表現)

一般的な言い方「~しろ」は「~動詞+아(어)+라」になります。目下の人や年下にしか使えません。ぞんざいな表現で強く言うと少し乱暴な感じのニュアンスがあるので注意しましょう。

「~しろ、~しなさい」 「動詞の語幹+아(어)+라」

ここで動詞の語幹について。動詞の「語幹とは何ぞや?」となりますよね。以前もお話ししましたが、

語幹とは

図のように動詞のこちらの部分のことを言います。

そしてこの語幹の母音が「아または오」の場合動詞に「아」がつき、それ以外の場合は「어」が付きます。こちらは“現在形の文章の作り方”のところでの方法と同じですので難しいと思った方はそちらを参考にしてみて下さい。また短縮形になるのが一般的なので短縮形で使いましょう。短縮形の作り方も現在形の文章の作り方のところで詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

例文)

  • 洗濯しろ。→ 세탁セッタㇰ 해라ヘラ.
  • 明日行け。→ 내일ネイㇽ 가라カラ.
  • これを見ろ。→ 이걸イゴㇽ 봐라バラ.
  • ここに座れ。→여기에ヨギエ 앉아라アンジャラ.

2.命令形‐一般的な言い方「~して」(目下や年下に使う表現)

「~라」もよく使いますが、こちらの表現も一般的によく使います。「~라」よりも少し柔らかい表現ですが、やはり目上の人には使えません。

「~して」 動詞の語幹+아(어)

こちらも上の表現と同じように動詞の語幹に아または어をつけます。これだけでOKです。夫婦などはこの表現をよく使うでしょう。こちらも母音と母音が合わさって短縮形になります。

例文)

  • 欲しいものを買って。→ 갖고カッコ 싶은거シップンゴ .
  • ここに書いて。→ 여기에ヨギエッソ.
  • たくさん食べて。→ 많이マニ 먹어モゴ.
  • そこに立って。→ 거기에コギエ .

많이 먹어^^

そして参考に「~しなさい」の意味で「~하렴ハリョㇺ」という表現があります。こちらはやはり年上の人が年下に使う表現で「~라」よりもきれいな言葉遣いの表現です。私が韓国に15年以上住んでみてほぼ聞いたことがないので、あまり使う表現ではないようです。ですのでこちらでは説明を省略させていただきました。たまに映画などでおじいさんが孫に言っているのを聞いたような気がしますが、このような表現があることを覚えておいたらいいかも知れませんね。

3.命令形‐丁寧な言い方「~してください」(会話でよく使う表現)

次は丁寧な表現です。命令形とはいいますが、ニュアンス的には「~してください。」になります。よく使われますのでしっかりと覚えましょう。

「~してください」 動詞の語幹+아(어) 세요

こちらの動詞の語幹に아または어のつきかたは上の一般的な表現の方法と同じです。

例文)

  • いま来てください。→ 지금チグㇺ 오세요オセヨ.
  • 午前中に終わらせてください。→ 오전에オジョネ 끝내세요ックンネセヨ.
  • 綺麗に掃除をしてください。→ 깨끗하게ケックタゲ 청소하세요チョンソハセヨ.
  • 一生懸命勉強してください。→ 열심히ヨㇽシミ 공부 コンブ하세요ハセヨ.

こちらの「~してください。」ですが、あくまでも命令形なので「~주세요」の「~してください。」とは少しニュアンスが違ってきます。「~주세요」は依頼の意味があり「~세요」よりも“お願いする”感じがあるのでより丁寧な感じを受けます。どちらを使っても間違えではありませんが、微妙なニュアンスの違いがあります。一番下の「열심히ヨㇽシミ 공부 コンブ하세요ハセヨ.」はこちらの表現の方が自然な感じがしますね。

4.命令形‐丁寧な言い方「~してください」(より堅い表現)

こちらの表現は看板や案内板などによく使われています。会話などではあまり使いません。

「~してください」 動詞の語幹+(으)십시오

こちらはパッチムがある場合は으がつきます。

例文)

  • 滑りやすいので注意してください。→ 미끄러지기ミックロジギ 때문에ッテムネ 조심チョシㇺ 하십시오ハシプシオ
    .
  • 書類を提出してください。→ 서류를ソリュルㇽ 제출チェチュㇽ 하십시오ハシプシオ.
  • 地下鉄は右に行ってください。→ 지하철은チハチョルン 오른쪽으로オルンチョグロ 가십시오カシプシオ.
  • いらっしゃいませ。→ 어オソ 오십시오オシプシオ.(こちらの直訳は「早く来てください。」という意味です。)
  • 椅子に座ってください。→ 의자에ウィジャエ 앉으십시오アンジュシプシオ.

命令形まとめ

命令形にはぞんざいな表現と丁寧な表現が2つあることをご紹介しました。

初心者の方の場合会話で使うことはあまり無いかもしれませんが、命令形はドラマや映画の中でもよく使われているので覚えることでより理解が深まるでしょう。

また年上の方と会話する場合や親が子供に言う言葉ではよく使うので覚えることによって聞き取りもできるようになるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました