韓国語 ハングルの基本の母音と二重母音を覚えよう【書き順と発音も解説】

韓国の雪景色 韓国語学習

韓国語を覚えるためにまず勉強すべきことはハングル文字です。日本語を覚えるのもまず初めに「あいうえお」の表を覚えますよね。韓国語もそれと同じでハングルを覚えるといいでしょう。

日本語も母音である「あいうえお」を覚えるように、まず初めに韓国語の母音をおぼえましょう。

ハングルってマルと棒みたいだけどどう読むの?

韓国語の母音には二種類あります。一つは基本の母音であり10個あります。もう一つは二重母音で11個あります。ここではまず基本の母音を勉強していきましょう。

スポンサーリンク

ハングルの基本の母音10個

ア(a) ヤ(ya) オ(eo) ヨ(yeo) オ(o)
ヨ(yo) ウ(u) ユ(yu) ウ(eu) イ(i)

 

こちらが基本の母音10個です。

ひとつひとつ見ていくのですが、この棒のようなものだけでは分かりにくいので子音である“”(イウン)をつけて覚えていきましょう。

韓国語の母音は基本的に左側に子音右に母音、または上に子音下に母音がきて表されます。

それぞれ口の開け方の同じものを一緒にしました。全部で10個しかないので頑張って覚えましょう。

아と書き順
こちらは「ア」と発音しますが、左側の丸い字が子音になり、右の文字が母音になります。
こちらは日本語と同じように口を大きく開けて「ア」と発音しましょう。日本語の「ア」と同じ発音です。
書き順は左から右に、上から下に書きます。日本語とほぼ同じですね。

야と書き順

こちらは「ヤ」と発音します。「ア」と同じように口を大きく開けて「ヤ」と発音しましょう。棒が一本増えただけですね。口の形はこのようになります。 あの口

어と書き順

こちらは「オ」と発音しますが、日本にはない発音の仕方なので気をつけましょう。「ア」を発音する時のように口を大きく開けて「オ」と発音します。あの口

 

여と書き順

こちらは上の「オ」と同じように「ア」の発音の時のように大きく口を開けて「ヨ」と発音します。

これも上の「어」に棒が一本増えただけです。

 

오と書き順

こちらは日本語の「オ」と同じように口をすぼませて「オ」と発音します。日本語の「オ」とほぼ同じ発音です。

おの口

 

요と書き順

日本語の「ヨ」と同じようにの口をすぼませて「ヨ」と発音します。上の「오」と同じ口の形ですね。

우と書き順

日本語の「ウ」と同じように口をすぼませて「ウ」と発音します。日本語の「ウ」とほぼ同じです。 うの口

유と書き順

こちらも日本語の「ユ」とほぼ同じの発音です。口をすぼませて「ユ」と発音しましょう。

으と書き順

こちらの発音も日本にはない発音なので注意しましょう。「イ」を発音するように歯を閉じて唇は横に引いてそのままの口の状態で「ウ」と発音します。いの口

 

이と書き順

これは日本語の「イ」を発音する時と同じように口を横に引いて「イ」と発音します。日本語の「イ」とほぼ同じですね。

 

ここでかわいい動画を見つけたのでリズムにのせて覚えてみましょう。韓国で子供たちの勉強するための動画ですが、発音に注意して見てみましょう。

ハングルの二重母音

え?二重母音て何?

と思われるのではないでしょうか。韓国語にはでは二重母音の構成から説明します。

二重母音の構成

二重母音の構成はもとの基本の母音を2つ合成したものになります。

例)

ㅓ+ㅣ⇒ ㅔ

ㅑ+ㅣ⇒ ㅒ

ㅗ+ ㅏ ⇒ ㅘ

このように母音+母音で構成されています。

それでは次にどのような二重母音があるか見ていきましょう。

発音も解説します。

二重母音の種類は11個

エ(ae) イェ(yae) エ(e) イェ(ye) ワ(wa) ウェ(woe)
ウィ(we) ウォ(wo) ウェ(we) ウィ(ui) ウィ(eui)  
 

二重母音はこの11個になります。順に見ていきましょう。

イェ

애と書き順

こちらは「エ」と発音します。

日本語の「エ」とほぼ同じです。

構成:ㅏ + ㅣ

얘と書き順

こちらは「イェ」と発音します。

日本語の「イェ」とほぼ同じです。

構成: ㅑ+ㅣ 

イェ

에と書き順

「エ」と発音します。

日本語の「エ」とほぼ同じです。

構成: ㅓ+ㅣ

예と書き順

こちらは「イェ」と発音します。

日本語の「イェ」とほぼ同じです。

構成:ㅕ+ㅣ 

ウェ

와と書き順

こちらは「ワ」と発音します。

構成: ㅗ +ㅏ 

왜と書き順

こちらは「ウェ」と発音します。

構成:ㅗ+ㅐ 

ウェ

외と書き順

こちらは「ウェ」と発音します。

構成:ㅗ + ㅣ 

ウォ

워と書き順

こちらは「ウォ」と発音します。

構成: ㅜ +ㅓ 

ウェ

웨と書き順

こちらは「ウェ」と発音します。

構成: ㅜ + ㅔ 

ウィ

위と書き順

こちらは「ウィ」と発音します。口をすぼめて「ウ」を発音してから「ィ」を発音します。

構成:ㅜ +ㅣ 

ウィ

의と書き順

こちらは「ウィ」と発音します。口を「イ」の発音をするように横に伸ばして「ウィ」と発音します。

構成: ㅡ  +ㅣ

注)3つの発音があります。単語で覚えていくといいですね。例をあげておきます。

  • 文字の初めにくる場合は「ウィ」と発音의사ウィサ(医者)
  • 文字の中間にくる場合は「イ」と発音강의カンイ(会議)
  • 助詞の「~の」は「エ」と発音엄마의オンマエ(お母さんの)

助詞についての詳しい記事はこちらです。気になる方はこちらをどうぞ。↓

【韓国語の文法】文字構成と文章構成、助詞を詳しく解説します!
韓国語の文法を学びましょう。日本の文章校正に似ているので覚えやすく、学びやすいのではないかと思います。まずは文字の構成をまなびましょう。そして助詞を覚えよう。

では二重母音の動画も見てみましょう。こちらは文字の作り方や単語も教えてくれていますね。

発音の同じ単語

ここで気づいたと思うのですが、同じ発音のものがあります。

  • 에と애 → 「エ」と発音
  • 예と얘 → 「イェ」と発音
  • 왜と외と웨 → 「ウェ」と発音

この三種類はお互いほぼ同じ発音をします。文字を区別をするには単語で覚えていくことをおすすめします。

※ここで注意点です。

위と의の発音は日本語では「ウィ」と解説しましたが、この2つは口の形が違うので気をつけましょう。

  • 위 →口をすぼめて「ウィ」を発音する
  • 의 →「イ」の発音をするように口を横に伸ばして歯は閉じ「ウィ」を発音する

初めは区別するのが難しいと思いますが、なるべく意識して発音していくようにしましょう。

母音だけで構成された単語

母音だけでできた単語もいくつかあるので例をあげたいと思います。どのくらい読めるかテストするといいですね。答えは下の方にあります。

  • 우유(牛乳)
  • 오이(きゅうり)
  • 아이(子供)
  • 왜(なぜ)
  • 이유(理由)
  • 여우(きつね)

 

答え:上から順に ウユ、オイ、アイ、ウェ、イユ、ヨウ

ハングルの母音まとめ

母音は全部で21個ありますが、いっぺんに覚えるには少し難しいと思うのでまず基本の母音をしっかり覚えましょう。

基本の母音がしっかりと覚えられたら二重母音を覚えるようにしましょう。

発音の区別は少し難易度があるのでまずは読めるようにすることが重要です。

また覚えるコツは単語で覚えていくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました