【韓国語文法】文章の作り方を解説します(現在形編)

韓国語の単語をある程度おぼえたら文章を作りながら単語をおぼえたらいいでしょう。動詞や形容詞などは文によって活用があるので少し複雑ではありますが、ここでは基本の文章の作り方を解説したいと思います。

基本形、丁寧な言い方、疑問形、否定形、現在進行形、命令形などがあります。ある一定のパターンがあるのでそれを覚えてしまえば、それほど難しいことはありません。

基本の文型に単語を当てはめながら覚えましょう。

韓国語の現在形の文章の作り方

韓国のばあい日本よりも儒教の影響が強く残っていて、上下関係をとても重要視します。そのため目上の人や年下でも親しくない場合は基本的には敬語を使うことの方が多いです。ですが、ここで基本の現在形の文型をおぼえてから丁寧語な表現を勉強していきましょう。                      どちらかと言えば書籍や新聞のどの文章で使うことが多いですが、親しい間柄や目下の人に対しては使うこともあります。丁寧でない言い方を韓国語では“パンマル”といいます。                これから説明する現在形の文章はパンマルというより文の基本型として覚えるのがいいでしょう。

現在形の基本形

1.文末が名詞で終わる場合

「~だ」といった文は「~다(or~이다)」をつかいます。ただし文末「~だ」が“名詞”の場合にこの文法をつかいます。また、注意点は名詞でパッチムがある場合「~だ」は「~이다」を使います。

~だ

 名詞の場合

 名詞+~
 名詞+~이다 (名詞でパッチムがある場合)

例)

  • これは木だ。→ 이것은 나무다.
  • わたしは女だ。→ 나는 여자다.
  • 彼女はは学生だ。→ 그녀는 학생이다.

この場合、基本は“名詞(または代名詞、指示語)+助詞+名詞+다(~이다)”になります。

*ここで助詞とは「~は」、「~が」、「~を」などがあります。

助詞についてはこちらで説明していますので参考にしてください。

他にもいろいろな単語を当てはめてみて練習しておぼえましょう。

2.文末が形容詞で終わる場合

「~だ」といった文で文末に形容詞がくる場合は、形容詞を原形のまま使います。名詞(または代名詞、指示語)+助詞+形容詞(原型)”になります。

  • その公園は近い。→ 그 공원은 가깝다.
  • 星が美しい。→별이 아름답다.
  • 部屋が広い。→ 방이 넓다.
  • 私は背が低い。→나는 키가 작다.

3.文末が動詞で終わる場合

文末が動詞の場合は名詞や形容詞がくるときと少し変わってきます。動詞の「다」の前に“ㄴ”または“는”をつけます。パッチムがある場合は「는」をつけましょう。

~する、~る

 

  動詞+~ㄴ다
  動詞+~는다(パッチムがある場合)

例)

  • 会社に行く。→ 회사에 간다.   ( 가다 +ㄴ→ 간다 )
  • 掃除をする。→ 청소를 한다. ( 하다 +ㄴ→ 한다 )
  • 映画をみる。→ 영화를 본다. ( 보다 + ㄴ →본다 )
  • 今勉強する。→ 지금 공부한다.(공부하다 +ㄴ→공부한다)
  • 犯人を捕まえる。→ 범인을 잡는다.( 잡다 + 는→ 잡는다)パッチムあり
  • 赤ちゃんが笑う。→ 아기가 웃는다.(웃다 + 는 →웃는다)パッチムあり

 

現在形の丁寧な表現

丁寧な表現には2種類あります。名詞で終わる場合と動詞、形容詞で終わる場合で違ってきます。そしてそれぞれ堅い表現とフランクな表現があります。まったく見知らぬ人の場合は堅い表現で話し、知り合いはフランクな表現をつかいましょう。けれどどちらを使っても失礼にはなりません。また知っていても地位のある人などは堅い表現を使うのも日本と同じですね。

文末が名詞で終わる場合

1.「~です。」→「~입니다」…堅い表現
「~です。」
  名詞+~입니다

「~です」と表現するとき、より堅く丁寧な言い方で、かしこまった時や場合に使います。文章で見てみましょう。

  • 私は日本人です。→ 저는 일본사람 입나다.
  • 彼は歌手です。→ 그는 가수 입니다.
  • 今日は金曜日です。→ 오늘은 금요일 입니다.
  • 子供は10才です。→ 아이는 10살 입니다.
 2.「~です。」→「~이에요」…フランクな表現
「~です。」
名詞+에요
名詞+이에요(パッチムがある場合)
  • 私は学生です。→ 저는 학생이에요.
  • 彼女は会社員です。→ 그녀는 회사원이에요.
  • そこは病院です。→ 거기는 병원이에요.

文末が動詞形容詞で終わる場合

1.「~ます。」→「~ㅂ나다」または「~습니다」…堅い表現
「~ます。」「~です。」

 

 動詞または形容詞+「~ㅂ나다
 動詞または形容詞+「~습니다
  • 会社に行きます。→  회사에 갑니다.(가다+ㅂ니다)
  • お昼(ご飯)は12時に食べます。→ 점심은 12시에 먹습니다.(먹다+습니다)
  • 部屋はとてもきれいです。→ 방은 아주 깨끗합니다.(깨끗하다+ㅂ니다)
  • その子は背が低いです。→ 그 아이는 키가 작습니다.(작다+ㅂ니다)
  • 動画を見ます。→ 동영상을 봅니다.(보다+ㅂ니다)
2.「~ます。」→「~아요」または「~어요」…フランクな表現
 「~ます。」
 動詞または形容詞+「~아요
 動詞または形容詞+「~어요

上の文をそのままこの表現に書き換えてみます。

  • 会社に行きます。→ 오늘은  회사에 가요.(가다+아요)
  • お昼(ご飯)は12時に食べます。→ 점심은 12시에 먹어요.(먹다+어요)
  • 部屋はとてもきれいです。→ 방은 아주 깨끗해요.(깨끗하다+어요)
  • その子は背が低いです。→ 그 아이는 키가 작아요.(작다+아요)
  • 動画を見ます。→ 동영상을 봐요.(보다+아요)

何だかよくわからないなぁ~

そうですよね。よくわかりにくいですよね。解説します。

動詞、形容詞の    語幹母音

① この語幹母音아または오の場合→「~아요」がつく。

例)알다 (知る)→ 알아요(알 の母音は아なので알+~아요)

받다(受ける)→ 받아요(받 の母音は아なので받+~아요)

놀다(遊ぶ)→ 놀아요(놀 の母音は오なので놀+~아요)

② この語幹母音または以外(어,이,우,으など)の場合→「~어요」がつく。

例)먹다(食べる)→ 먹어요(먹の母音は어なので먹+~어요)

입다(着る)→ 입어요(입の母音は이なので입+~어요)

적다(小さい)→ 적어요(적の母音は어なので적+~어요)

となります。

が例外があります。

③例外「~하다」

例外がありますので覚えてください。

하다 → 해요

となります。

 

例)공부하다 (勉強する)→ 공부해요(勉強します)、미워하다 (憎む)→ 미워해요(憎みます)

좋아하다 (好む)→ 좋아해요 (好きです)、출발하다(出発する) →출발해요(出発します)

걱정하다 (心配する)→ 걱정해요 (心配します)、 기뻐하다 (喜ぶ)→ 기뻐해요(喜びます)

など하다のつく単語はたくさんありますよね。

④短縮型

またさきほどの「~아요」「~어요」で母音が重なり合ったりして短縮されるものがあります。

  1. (語幹の)아+아 → 아
  2. (語幹の)어+어 → 어
  3. (語幹の)오+아 → 와
  4. (語幹の)우+어 → 워
  5. (語幹の)이+어 → 여

となります。

例)

가다(行く)+아 → 가요(行きます)「아+아

서다(立つ)+어 → 서요(立ちます)「어+어

보다(見る)+아 → 봐요(見ます)「오+아

키우다(飼う)+어 → 키워요(飼います)「우+어

이기다(勝つ)+어 → 이겨요(勝ちます)「이+어

となります。最初は分かりにくいと思いますが、文章で少しずつなれていきましょう。

まとめ

現在形をご紹介しました。はじめは難しく感じるかもしれませんが、基本のルールを覚えてしまえばそれほど難しいものではありません。

いろいろな文章にふれて頑張って覚えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました