韓国語の発音をわかりやすく解説 【母音、子音、子音の濃音、激音】

韓国語学習

韓国語の発音を解説します。

初めは日本にはない発音があるので韓国語の発音は少し難しく感じるかも知れません。けれども使っていくうちにだんだんと慣れてきます。

アプリやYouTube、CDなどを上手に使ってよく聞くことが大事ですね。始めは文字の発音がどういうものかを理解し、単語で覚えていくことをおすすめします。

何度も繰り返し練習し、聞くことで覚えていくことができるでしょう。

スポンサーリンク

母音(모음)の発音

まずは日本語でいう『あいうえお』 のような母音について解説します。

母音は10個あります。

ㅇ( 이응:イウン)を付けて発音して覚えましょう。

a “あ”の口の形で“あ”と発音
ya “あ”の口の形で“や”と発音
o “あ”の口の形で“お”と発音
yo “あ”の口の形で“よ”と発音

 

 

o “お”の口の形で“お”と発音
yo “お”の口の形で“よ”と発音

u “う”の口の形で“う”と発音
yu “う”の口の形で“ゆ”と発音

u “い”の口の形で“う”と発音
i “い”の口の形で“い”と発音

子音(자음)の発音

次に子音の発音を見てみましょう。

子音には基本的な子音が10個、そして激音が4個、そして濃音が5個で合計19個のあります。

平音は日本語とほぼ同じ発音ですが、日本にはない激音、濃音は韓国語特有の発音です。

何度も声に出して練習しましょう。

①子音の平音

基本の平音は日本語と同じように発音すればOKです。母音の“”をつけて覚えましょう。

ハングル   名称 発音
ka 기역
na 니은
da 디귿
ra 리을
ma 미음
pa 비읍
sa 시옷
a 이응
zya 지읒 ジャ
ha 히읗

単語例)

  • 가다(行く)⇒発音:カダ
  • 너구리(タヌキ)⇒発音:ノグリ
  • 도로(道路)⇒発音:ドロ
  • 라디오(ラジオ)⇒発音:ラディオ
  • 아마(たぶん)⇒発音:アマ
  • 비(雨)⇒発音:ビ
  • 사자(ライオン)⇒発音:サジャ
  • 오이(きゅうり)⇒発音:オイ
  • 하마(カバ)⇒発音:ハマ

文字の名称も書きましたが、それは後々覚えればいいですよ。そういった名前なんだと認識だけしたらいいですね。

②子音の濃音のうおん

濃音は基本の子音がダブルになっていますね。日本語の小さい“っ”が韓国語には無いのですが、

濃音が似たような発音になります。発音するときにこの小さい“っ”を前につけて発音するような感じで

発音するといいでしょう。

ハングル   発音 名称 発音のコツ
kka ッカ 쌍기역 息を止めてに前に小さい“っ”をつけて“カ”という
tta ッタ 쌍디귿 息を止めてに前に小さい“っ”をつけて“タ”という
ppa ッパ 쌍비읍 息を止めてに前に小さい“っ”をつけて“パ”という
ssa ッサ 쌍시옷 息を止めてに前に小さい“っ”をつけて“サ”という
ccha ッチャ 쌍지읒 息を止めてに前に小さい“っ”をつけて“チャ”という
の発音の例: サッカ
の発音の例: バッタ
の発音の例: 葉っぱ
の発音の例: キッサテン(喫茶店)
の発音の例: ぽっちゃ

赤の部分がそのまま濃音の発音になります。ちょっと発音自体が間の抜けた感じになりますが、それでOKです。

初めは練習して意識してもいま一歩感覚的に難しいと思います。あまり深く考えずいくつか単語を覚え、少しずつ発音にも注意していったらいいと思います。

単語例)

  • 아까(さっき)⇒ 発音:アッカ
  • 따로(別々に)⇒ 発音:ッタロ
  • 뽀뽀(ちゅう)⇒ 発音:ッポッポ
  • 싸다(安い)⇒ 発音:ッサダ
  • 짜다(しょっぱい)⇒ 発音:ッジャダ

③子音の激音げきおん

激音の発音のポイントは息の出し方と、アクセントが重要です。

息を強く出すことを意識しながら、2文字目以降に濃音がくるの場合は後ろにアクセントをもってくるとといいでしょう。

ハングル   発音 名称 発音のコツ
ka 키읔 息を強く出して“カ”
ta 티읕 息を強く出して“タ”
pa 피읖 息を強く出して“パ”
cha チャ 치읓 息を強く出して“チャ”

単語例)

  • 카레(カレー)⇒発音:カレ
  • 토마토(トマト)⇒発音:トマト
  • 피자(ピザ)⇒発音:ピジャ
  • 하차(下車)⇒発音:ハチャ

 

激音のコツ

私が韓国にいって間もないころ、バスに乗るとき降りる停留場の名前が聞きとれないので、いつも運転手さんに「○○で下ろしてください。」と言っていました。
プサンには“구포(クポ)”というところがあって私は運転手さんに「구포에서 내려주세요(クポで下ろしてください)」といったのですが通じませんでした。この時わたしは“구포”を“구보”と発音していたんですね。
ただ日本語で“クポ”というとアクセントが前の“ク”のところにあり、クポ(↘)このようになります。発音は“구보”になるわけですね。
それを激音で発音するにはアクセントを後にもってきてクポ(↗)このように発音します。この時発音が“구포”になるわけです。
激音が後ろにくる場合はこのようにアクセントを後ろにもっていくことで正しく発音できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました