韓国語の助詞をしっかり学ぼう

勉強部屋 韓国語学習
本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

今回は韓国語の助詞を学んでいきましょう。

韓国語の助詞は日本語と似た使い方をしますが、違う点もあります。そういった違いを正しく学んでいきましょう。

例文をたくさん盛り込みながら、分かりやすく説明しますね。

韓国語の助詞を学ぼう

助詞とは何でしょうか??

助詞とは

動詞や形容詞が名詞をしたがえて文を作るときには、名詞に「が」「を」「に」などがついて動詞・形容詞との意味関係を示します。また、名詞と名詞の意味関係を示すときにも、1番目の名詞に「の」「と」などがつきます。この、「が」「を」「に」「の」「と」などのことを「助詞particle」と呼びます。(東京外国語大学言語モジュール参照)

助詞は名詞についてより詳しく説明したり、主語になったり、言葉と言葉をつなげたりする役割をするわけですね。

では韓国語の助詞を詳しくみていきましょう。

韓国語の助詞…「~は」は「은/는」

勉強部屋

日本語の助詞「~は」は韓国語では「은または는」になります。「~は」は主題を表す助詞で、話題の中心になるものを示すために使われ主語の後ろに付けられます。前につく名詞にパッチムがある場合は「은」をない場合は「는」を使います。

助詞「~は」⇒パッチムがある場合 
      ⇒パッチムがない場合
ではどのように使うのか具体的に例文で見ていきましょう。

例文)

  • 日本人です。→ 저 일본사람입니다.(パッチム無し)  
  • 勉強嫌いです。→공부 싫어합니다.(パッチム無し)  
  • 今日日曜日です。→오늘 일요일입니다.(パッチムあり)  
  • 学生です。→동생 학생 입니다.(パッチムあり) 

このように日本語と似たような意味合いで使います。日本語との違いはパッチムがある場合とない場合の使うものが違うという点なのでしっかり覚えましょう。

韓国語の助詞…「~が」は「이/가」

日本語の助詞「~が」は韓国語では「이または가」になります。「~が」は主語を表す助詞ですね。前につく名詞にパッチムがある場合は「이」をない場合は「가」を使います。

助詞「~が」⇒パッチムがある場合 
      ⇒パッチムがない場合
こちらも例文で見ていきましょう。

例文)

  • お母さん言った。→ 어머니 말했다.(パッチム無し)
  • 降ります。→비 내립니다.(パッチム無し)  
  • 経験ない。→경험 없다.(パッチムあり)
  • 近い。→ 역 가깝다.(パッチムあり)
  • 自信ありません。→자신 없습니다.(パッチムあり)

こちらも同じですね。やはり日本語と使い方が似ています。

韓国語の助詞…「~を」は「을/를」

勉強

日本語の助詞「~を」は韓国語では「을または를」になります。こちらも主語を表す助詞です。前につく名詞にパッチムがある場合は「을」をない場合は「를」を使います。

助詞「~を」⇒パッチムがある場合 
      ⇒パッチムがない場合
では例文で見ていきます。
  • 怪我しました。→ 다리 다쳤어요.(パッチム無し)
  • 映画見に行きました。→영화 보러 갔습니다.(パッチム無し)
  • ごはん食べました。→밥 먹었습니다.(パッチムあり)
  • 閉じた。→ 눈 감았다.(パッチムあり)
 

!注意!

実はこちらの助詞には日本語の使い方との大きな違いがあります。違いが2つあるのでしっかりと覚えましょう。
1.次の単語の主語の場合日本語では「~」という助詞をつかいますが、韓国語では「을または를」を使います。
  • 会う」:友達会います。→친구 만나요.
  • 乗る」:バス乗ります。→버스 탑니다.
  • 似る」:母似ています。→어머니 닮았습니다.

2.次の単語の主語の場合日本語では「~」という助詞をつかいますが、韓国語では「을または를」を使います。

  • 好き」:チョコレート大好きです。→초콜릿 아주 좋아합니다.
  • 嫌い」:怖い話嫌いです。→무서운 이야기 싫어합니다.
  • 得意」:韓国語得意です。→한국어 잘합니다.
  • 苦手」:辛い物苦手です。→매운것 잘 못먹습니다.
  • 欲しい」:自転車欲しいです→자전거 갖고 싶습니다.
  • したい」:旅行したいです。→여행 하고 싶습니다.

このように助詞の後にくる単語が、こちらのものだけ日本語と使い方が違ってくるのでしかっり覚えましょう。

韓国語の助詞…「~と」は「와/과」

日本語の助詞「~と」は韓国語では「와または과」になります。前につく名詞にパッチムがある場合は「과」をない場合は「와」を使います。気づいた方もいると思いますが、他の助詞はパッチムがあるものは「ㅇ(イウン)」がついているものを使うのですが、こちらの「~と」を意味する「과または와」は逆のものが付くということです。間違えないように気をつけましょう。またこちらはどちらかと言えば書き言葉になります。

助詞「~と」⇒パッチムがある場合「×와」
      ⇒パッチムがない場合」「×
  • 友達先生が教室にいました。→ 친구 선생님이 교실에 있어요.(パッチム無し)
  • 僕。→너 나.(パッチム無し)
  • パンを買いました。→ 계란 빵을 샀어요.(パッチムあり)
  • トムジェリー。→톰 제리.(パッチムあり)

韓国語の助詞…「~と」は「하고」

日本語の助詞「~と」は韓国語では「와または과」でよいのですが、話し言葉で「하고」もよく使います。こちらはパッチムには関係なく使えます。

助詞「~と」⇒「하고口語体、パッチムは関係なく使える
では例文です。
  • 今日は父母も参加します。→오늘은 아버지하고 어머니도 참석합니다.
  • 今週来週は土曜日が休みだよ。→이번주하고 다음주는 토요일이 휴무야.
  • クワガタトンボは昆虫です。→사슴벌레하고 잠자리는 곤충입니다

韓国語の助詞…「~と」は「랑または이랑」

こちらの「~と」は同伴や共同で行うことを表すために使われます。よく日本語で「~と~と」と並べるように表現する時があると思いますが、そのような時に使います。

またこちらも前につく名詞にパッチムがある場合は「이랑」を、ない場合は「랑」を使います。

助詞「~と」⇒パッチムがある場合이랑
      ⇒パッチムがない場合
  • これそれあれ。→이거 그거 저거.(パッチム無し)  
  • 友達たちご飯を食べました。→친구들이랑 밥먹었어요.(パッチムあり)  

韓国語の助詞…「~で」は「로/으로」

日本語の助詞「~で」は韓国語では「로または으로」で表現します。こちらは手段や方法を表す時に使います。

助詞「~で」⇒パッチムがある場合으로
      ⇒パッチムがない場合

例文)

  • 消しゴム消した。→지우개지웠다.(パッチム無し)
  • 飛行機東京に行きました。→비행기 도쿄에 갔어요.(パッチム無し)
  • 現金支払いました。→ 현금으로 냈어요.(パッチムあり)
  • 携帯調べました。→핸드폰으로 알아봤습니다.(パッチムあり)

韓国語の助詞…「~に」は「에」(目的地や方向)

目的地や方向を表す場合、または時間を表す場合の「~に」は「에」を使います。こちらはパッチムに関係なく使えます。

助詞「~に」⇒「」パッチムは関係なく使える

例文)

  • 学校行く。→ 학교 간다.
  • 会議があるから会社行かないといけない。→회의가 있어서 회사 가야 합니다.
  • ベランダは南向きあります。→베란다는 남향 있습니다.
  • その棚の上あります。→그 선반 위 있어요.
  • 4時待ってます。→4시 기다리겠습니다.

韓国語の助詞…「~に」は「에게」(相手に対して)

相手に対して何かを伝える場合の「~に」は「에게」を使います。受け手に焦点を当てる「に対して」という意味を持ちます。こちらは相手の立場が上の人物に対して使用されます。これもパッチムに関係なく使えます。こちらは書き言葉で少し堅いニュアンスがあります。

助詞「~に」⇒「에게」パッチムは関係なく使える

例文)

  • 両親プレゼントを送った。→부모에게 선물을 보냈다.
  • 先生に手紙書きました。→선생님에게 편지를 썼습니다 .
  • 支店長メールを送った。→지점장님에게 메일을 보냈습니다

韓国語の助詞…「~に」は「한테」(相手に対して)

勉強部屋

相手に対して何かを伝える場合の「~に」は「한테」を使います。これもパッチムに関係なく使えます。またこれは話言葉になるので会話でよく使われます。

助詞「~に」⇒「한테」パッチムは関係なく使える

例文)

  • 聞いた。→여동생한테 물었어.
  • 彼女もらいました。→그녀한테 받았습니다.
  • 悪いと思いませんか?→그한테 나쁘다고 생각하지 않아요?

韓国語の助詞…「~に」は「께」(相手に対して)

相手に対して何かを伝える場合の「~に」は「께」を使います。こちらは相手の立場が上の人物に対して使い、より丁寧な言い方です。これもパッチムに関係なく使えます。こちらは書き言葉です。

助詞「~に」⇒「」パッチムは関係なく使える

例文)

  • 父母言うつもりです。→부모님 말씀드릴 겁니다.
  • 祖父挨拶にいきます。→할아버지 인사드리러 가요.
  • 社長伝えます。→사장님 전달하겠습니다.

韓国語の助詞…「~で」は「에서」

行動が行われる場所を表す場合の「~で」は「에서」を使います。これもパッチムに関係なく使えます。

助詞「~で」⇒「에서」パッチムは関係なく使える

例文)

  • ソウル待ってます。→서울에서 기다릴께요.
  • 渋谷会いました。→시부야에서 만났습니다.
  • サイト見ました。→사이트에서 봤습니다.
  • コンサートは東京ドーム開催されます。→콘서트는 도쿄 돔에서 개최됩니다.

韓国語の助詞…「~も」は「도」

日本語の「~も」は韓国語で「도」で、日本語の「~も」と同じ意味と使い方です。これもパッチムに関係なく使えます。

助詞「~も」⇒「」パッチムは関係なく使える

例文)

  • 。→너
  • 生きています。→나무 살아있습니다.
  • 今日雨だった。→오늘 비가 왔다.
  • これやらなければならないです。→이것 해야 합니다.
  • パンごはん食べたいです。→빵  밥 먹고 싶어요.

韓国語の助詞…「~の」は「의」

日本語の所有・所属を表す「~の」は韓国語で「의」で表します。こちらもパッチムに関係なく使えます。

  • 彼女靴です。→ 그녀 신발이에요.
  • それは母です。→그것은 어머니 것입니다.
  • 彼女です。→나 여자친구입니다.

韓国語の助詞を学ぼうまとめ

韓国語の助詞の使い方はよくわかったでしょうか。日本語と使い方が違う点もあるのでそのへんもしっかりと覚えたいものです。微妙な使い方の違いなどもありますが、相手の言っている言葉をよく聞きながらそんな違いも理解できたらいいですね。

ではまた…

コメント

タイトルとURLをコピーしました